東京の探偵の情報管理術

東京の探偵の情報管理術について

東京の探偵の情報管理術

個人情報を扱う探偵について

情報不正取得容疑で探偵2人が逮捕されました。

彼らから情報を買った別の業者も罪に問われるでしょう。

そしてこのことによる探偵業界、調査会社などは少なからず打撃を受けるでしょう。

個人情報はネット社会になり比較的簡単に取得できるようになりました。

また個人情報が非常に大事な情報なのだと認識していても、このことが個人情報の流失に繋がるとは認識できずに安易に流してしまう場合もあると思います。

また個人情報は高額で取引されているため、調べるほうのやり方が巧妙になり余計にそのような事に繋がるのだと思います。

また個人情報の価値があまり見えてこないため、これくらいの情報が漏れても困る事ないだろうと、それにより自分が加害者になることはないだろうと安易に考えてしまうのだと思います。

個人情報を守るための法律が制定・施行されたのもここ最近です。

だからこそ個人情報を扱うスペシャリストとして探偵業者一人一人がプライドを持って業務をしなければならないと思います。

このようなやり方をしているのは一部の業者かもしれません。

だからこそ気をつけてほしいと思います。

探偵業法について思う事

平成18年6月「探偵業の業務の適正化に関する法律(探偵業法)」が制定され、平成19年6月に施行されました。

その背景には調査依頼者との契約内容におけるトラブルや、違法な手段を用いての調査や、調査した内容による恐喝など、探偵従事者による犯罪が発生するなどしたために制定・施行された法律です。

これにより営業所の所在地の届出や探偵業務に従事させる者の名簿を営業所ごとに備える事、また探偵業を行う際に、調査結果を犯罪に利用しないなど旨を示す書面での交付を受ける義務や契約内容に関して重要事項の説明義務などを守ることになりました。

東京の探偵を探す

そして探偵業務において知り得た情報の秘密保持や、探偵業務従事者に対する教育を行うことなども決められています。

また、探偵業務届出証明書を事務所の見やすいところに掲示することがきまっているため、探偵に依頼する際、それが掲示されているかしっかり確認する事も大事だと思います。

掲示してあるから安心だ、信頼できるとは限りませんが、一つの判断材料にはなると思います。

Comments are closed.